リハデイやまと

リハビリならリハビリデイサービスやまと

リハビリ特化型デイサービス > ブログ記事

痒みは痛みではない!?

最近子どもをだっこするとはなしてとすぐ言われています。
やまとの訪問リハビリ鍼灸・マッサージ担当鈴木でございます。


痒みは軽い痛みだと言われていたのですが、どうやらそうではないようです。

マウスと使った研究で、心臓で用いられている分子が脊髄に痒みのメッセージも送るという二重の役割をしている。

という可能性があるという研究がサイエンスという雑誌で発表されたようです。


腎臓で血圧を調整する分子が、脊髄に痒みの信号を送っている。

なんとまぁ働き者。


鍼灸で痒みを取る方法は、弱い刺さない鍼やごく短い針で刺激して血行をよくしたり、虫刺されなどは細く柔らかくしたお灸で直接灸をしたりします。

しかし今回の分子は皮膚に直接関与せず、脊髄に関与し痒みを引き起こすらしいです。


これを生かした鍼灸治療で痒みを止めることができないだろうか?

例えば脊髄付近に鍼や灸をすると痒みが治まるとか。

こういうのは自分で試さないとわからないですね。

何らかの理由で肌が痒くなってしまった時には是非試してみたいです。


これからも新松戸のリハビリデイサービスやまとをよろしくお願い致します!