リハデイやまと

リハビリならリハビリデイサービスやまと

リハビリ特化型デイサービス > ブログ記事

梅雨の時の痛みに注意!

最近息子との追いかけっこが楽しいやまとの訪問リハビリ鍼灸・マッサージ担当鈴木でございます。


今日関東でも梅雨入りが発表されたということで、梅雨のときに出やすい痛みの話です。

湿邪というものです。


湿邪とは文字通り湿気の多い時に陥りやすい体の変化を鍼灸的、東洋医学的に表したものです。

他にも風、暑、燥、寒、と5つ後ろに邪という文字がくっつくものがあります。

みなさんご存じなのは風の邪、風邪ですね。


話は戻って湿邪の話。

原因は体の外と内にある余分な水です。

体の外はわかりやすく湿度が多い状態や、雨に濡れた服で長時間いると湿邪になりやすいです。


体の内は少しわかりにくいですが、食べ物が大いに関係あります。

湿気が多いのに水っぽい刺身などや冷たいアイスなどをたくさん食べてしまうと湿邪になりやすいです。


湿邪になるとどうなるかというと、頭痛や関節や足の重だるい痛みが起こります。

リウマチなどもこの季節痛みが増したりします。

そのほかに食欲不振になったりもします。


湿邪の自己対策でいえば、体を動かして余分な水分を外に出し、風通しのいい部屋で休み、水っぽい食べ物を控える!

これで大丈夫!


でも何らかの原因で湿邪になってしまった・・・

その場合、鍼灸治療では水の滞ったお腹に鍼をして刺激し、灸でお腹を温めて湿邪に対抗します。

頭痛や関節の痛みなどは直接鍼をして痛みを和らげます。


このような鍼灸治療を受けたい人は新松戸のリハビリデイサービスやまとに是非ご相談下さい!