鍼が効く痛み、効かない痛み

リハデイやまと

リハビリならリハビリデイサービスやまと

リハビリ特化型デイサービス > ブログ記事

鍼が効く痛み、効かない痛み

最近水分補給にグリーンダカラをよく飲みます。
やまとの訪問リハビリ鍼灸・マッサージ担当鈴木でございます。


少し前に坐骨神経痛の患者さんの所に訪問しているという件で、

ヘルニアでも鍼が効く場合と効かない場合がある。

というような事を書いたのでので、もう少し詳しく説明します。


ヘルニアという病名は骨や軟骨が神経を圧迫することでつく病名です。

しかし、神経を圧迫するのが骨や軟骨だけではありません。

周りの筋肉や筋肉以外の組織にも圧迫されることがあります。


しかし、神経を圧迫している、

これは変わらないので症状だけでは見分けがつきません。

見分けるのはレントゲンを使います。


骨の変形が見られたらヘルニア。

見られなかったらヘルニアではないが、ヘルニアのような症状がでる神経痛。

鍼に効果があるのはヘルニアのような症状がでる筋肉痛。


骨が圧迫しているヘルニアで鍼をたくさん打っても効果は薄いと思います。




これからも新松戸のリハビリデイサービスやまとを宜しくお願いします!