歴史をくりかえさないように

リハデイやまと

リハビリならリハビリデイサービスやまと

リハビリ特化型デイサービス > ブログ記事

歴史をくりかえさないように

どんより曇り空な一日です。

曇りの一日は久々な気がします。

やまとの訪問リハビリ鍼灸・マッサージ担当鈴木でございます。




くりかえしてはいけない歴史はたくさんありますが、

今日の話は鈴木家のせまいせまい話です。



私は子供の時から、

たくさんの文字を読むことができました。


両親が言うには、

3、4歳のときにはお友達みんなの名前が読めたり、

電車に乗っている時、

車窓から見える看板を全て読んでいたそうです。



私の母親は私が日本語に関しては完璧に覚えたと思ったらしく、

特に教えたりはしなかったそうです。



そして小学校に入学してわかったことがありました。



自分の名前すらも書けないということです。



日本語を見て読むことはできても、

日本語を紙に書くことができなかったのです。



そこから国語の時間にストレスでじんましんがでたりしながらも、

ひらがなから教えていったらしいです。


現在は文字こそ悪筆ですが、

国語は好きな教科になるくらいにまでなりました。



そして現在、

もうすぐ3歳の息子。


車に乗っていて、

見たことのある看板はほとんど覚えています。


子どもの頃の私を同じく、

読むことに関してはかなり得意なようです。


しかし文字を書くことに関してはあまり興味がないようです。




歴史をくりかえさないためにも、

文字を書くことにも興味をもってもらえるようにしていきたい、

と思う父親なのでした。





これからも新松戸のリハビリデイサービスやまとをよろしくお願いします!