リハデイやまと

リハビリならリハビリデイサービスやまと

リハビリ特化型デイサービス > ブログ記事

のどの痛みと鍼灸

ノロウイルスが流行の兆しを見せているそうです。

予防の徹底と症状が出ている人への対応に気を付けていきたいです。

やまとの訪問リハビリ鍼灸・マッサージ担当鈴木でございます。




最近体調を崩しています。



昨日も寝ている時に途中で起きてしまいました。



めったにないことなので、

原因を探ってみると、

どうやらのどの痛みで起きてしまったようです。



ではのどの鍼灸治療をしてみようと思い、

寝床から出ました。



のどの痛みの鍼灸治療は、

後頭部とl首の境目あたりから鍼を通し、

のどの部分を遠隔的に刺激して、

炎症症状を抑えるというものです。



鍼するのが危険のではないか、

と思う場所に刺していますが、

刺入方向を間違えなければ安全です。



実際に私は後ろ髪に手をかけるような形で鍼をしています。



刺鍼後、

炎症はかなり収まり、

のどの痛みはほとんどなくなりました。



咳をすると少し痛むくらいまで回復しました。



自分の体調が悪い時は実験として色々な鍼を試しています。



また機会がありましたら、

またご報告しようかと思っています。





これからも新松戸のリハビリデイサービスやまとをよろしくお願いします。