リハデイやまと

リハビリならリハビリデイサービスやまと

リハビリ特化型デイサービス > ブログ記事

餅の食べ方は何に限る?

土の霜柱を一生懸命踏んでいる小学生を見ました。

やまとの訪問リハビリ鍼灸・マッサージ担当鈴木でございます。




勝浦の実家ではお餅をつきます。



昔ながらではなく機械でつくのですが、

そのために家には毎年大量の餅が届きます。



しかし私はあまり餅が好きではありません。



食べているうちに飽きてしまうのです。



しかし家の冷凍庫には大量の餅があります。



というわけで、

自分が好きな餅を作ることにしました。



ずんだ餅です。



作り方は冷凍の枝豆(200g)を薄皮ごと外してミキサーで粉砕します。



水と砂糖が1対1の砂糖水を200g分作りミキサーで混ぜます。



おしまいです。



感想は・・・うまい!



これで冷凍庫の中の餅を消化していこうと思います。





これからも新松戸のリハビリデイサービスやまとをよろしくお願いします。