リハデイやまと

リハビリならリハビリデイサービスやまと

リハビリ特化型デイサービス > ブログ記事

たわけ者と貧乏の共通点

今日駅前で袴の女の子を見ました。

卒業シーズンですね。

やまとの訪問リハビリ鍼灸・マッサージ担当鈴木でございます。




本を読んでいて面白いなと思ったことがありました。



今はそうでもないですが、

江戸時代などでは家長は長男が代々継いでいました。



そう決めてしまえば家の力を保って存続できるかららしいです。



そうせずに子供に財産を分けてしまう人は、

田を分ける者、

たわけ者といわれたそうです。



同じく『貧』という文字は、

貝を分けると書きます。



貝は財産をしめし、

お金に関する文字に多くついています。



財産を分けると『貧』になるということらしいです。



時代が変わっている今でも、

文字の由来は変わりません。



なかなか面白いなと思ったのでした。






これからも新松戸のリハビリデイサービスやまとをよろしくお願いします。