リハデイやまと

リハビリならリハビリデイサービスやまと

リハビリ特化型デイサービス > ブログ記事

下限目安は5000円?!

紹介なし病院外来、下限目安は5000円?!


来年の国会への法案提出に向けた議論が進められていた

大病院外来受診時の定額自己負担について…

 

5000円を下限とする価格設定を目安とすれば

軽症患者に行動変容を促す可能性があるとする研究結果がまとまったようです。

 

研究班は、制度導入時に予想される

受診者の行動変容を分析するためウェブ調査を実施した結果。

 

15歳以上の男女

・年齢と居住地で2万サンプルを無作為層化抽出し

1849人から回答。

・回答者の年齢構成

65歳以上が46.5

4064歳が32.8

1539歳が13.8

大病院外来患者とほぼ同じ構成だったようです。



これらのサンプルを使った分析の結果

1.軽症にもかかわらず初診時に大病院を選ぶ回答者は全体の2割。

2.重症の場合は初診・再診ともに全体の7割が大病院を選ぶとした。


定額自己負担額については

0円」「1000円」「5000円」「1万円」「2万円」の選択肢を用意。

 

自己負担額がいくらであれば

大病院を受診しないかを分析したところ…

 

初診・再診ともに軽症では1000円と  5000円の間

重症の場合は5000円と10000円の間

 

このため研究班は

定額自己負担額を5000円に設定すれば

⇒軽症の場合、受診せず

重症の場合は受診すると考えられるとしたようだ。


調査での軽症と重症とは…

軽症

「前日から、のどのいがらっぽさや痛み、

   鼻水が出て、少し体調が悪いと感じている場合」

重症

「数日前に、胸のあたりに圧迫感や締め付けられるような感じと、

         冷や汗が出たり呼吸しにくい状態が20分以上続いた」

 

我々の「やまとスタッフ」も

このような内容を理解して行動していく必要があります。

 

まずは、「やまとスタッフ」の健康管理!

普段から地域のかかりつけ医を見つけておくこと!

 

「やまと介護」の代表として

スタッフとご利用者様、ご家族様のサポートをしていきたいと思います。