何故鍼をしても血が出ないのか

リハデイやまと

リハビリならリハビリデイサービスやまと

リハビリ特化型デイサービス > ブログ記事

何故鍼をしても血が出ないのか

今着ている服でも寒くてたまりません。

違う上着を急遽買うかどうか悩んでいます。

やまとの訪問リハビリ鍼灸・マッサージ担当鈴木でございます。




鍼灸治療をしていると何故血が出ないのですか?

と聞かれるときがあります。



なぜかというと単純に、

鍼は細いからです。



細い鍼は身体の隙間を縫って入っていくかの如く、

入り込みそして出て行きます。



毛細血管を傷つけて内出血などを起こしてしまうことはありますが、

100回に1回くらいでしょうか?



注射は体内に刺して液体を入れたりするので、

出血するのはある程度しかたないのかもしれません。



鍼と注射針は使用法が違うので一緒にせずに、

気軽に鍼灸治療を受けてみてはどうでしょうか?





これからもリハビリデイサービスやまとをよろしくお願いします。