足の冷えには三陰交なのはなぜか

リハデイやまと

リハビリならリハビリデイサービスやまと

リハビリ特化型デイサービス > ブログ記事

足の冷えには三陰交なのはなぜか

息子と風船でキャッチボールが最近の流行です。

やまとの訪問リハビリ鍼灸・マッサージ担当鈴木でございます。




厳しい寒さが続いております。



利用者様の足も冷たい人が多いです。



そんな冷え性の人のためのツボをお教えしたいと思います。



三陰交です。



有名ですね。



内くるぶしの一番高い所に指をそろえて小指を添えて、

人差し指が届いたところで骨の際にあります。



何故ここが冷えに効くのか!

ここの近くには後脛骨筋があります。



後脛骨筋の近くには後脛骨動脈があります。



後脛骨動脈は足裏まで血液を運んでいます。



つまり・・・



三陰交を押す
後脛骨筋が柔らかくなる
後脛骨動脈の通りがよくなる
足裏の血液循環がよくなる
足の冷えが解消される



こういう理屈です。



昔の人は理屈はわからなくても経験として知っていたのですから、

頭が下がる思いです。



みなさんも足が冷たいなと思ったら試してください。



私も三陰交押してますよ!



これからも新松戸のリハビリデイサービスやまとをよろしくお願いします。