ケガをしやすいスポーツかそうでないかの違い

リハデイやまと

リハビリならリハビリデイサービスやまと

リハビリ特化型デイサービス > ブログ記事

ケガをしやすいスポーツかそうでないかの違い

今日は車中汗ばむ陽気でした。

やまとの訪問リハビリ鍼灸・マッサージ担当鈴木でございます。




新しいスポーツに挑戦するときに一番気になるのは、

ケガをしないかどうかです。



私が思うにケガしやすいスポーツとしにくいスポーツは、

明確な違いがあります。



『他人と接触することがルール上認められることががあるかどうか』



ケガしやすいのは相撲やラグビーやボクシングなど、

ケガしにくいのは陸上やテニスやバスケットなどです。



意外ですがバスケットはルール上接触してはいけないことになっていて、

かなり厳しい反則があります。



若干形骸化しているかなと思ったりしますが。



ケガしやすいスポーツが悪いというわけではなく、

相手選手と積極的に接触するスポーツも魅力がたくさんあります。



実際に私はアメリカンフットボールをやっていたので、

ケガしやすいスポーツを進んでやっていた一人です。



どんなスポーツに挑戦するにしてもケガには気を付けて準備したいですね。





これからも新松戸のリハビリデイサービスやまとをよろしくお願いします。