リハデイやまと

リハビリならリハビリデイサービスやまと

リハビリ特化型デイサービス > ブログ記事

刺さない鍼

不安定な天気で大変でした。

やまとの訪問リハビリ鍼灸・マッサージ担当鈴木でございます。




今でこそ鍼とは体内に刺す鍼が一般的ですが、

身体に刺さない鍼も立派な鍼なので、

少し紹介してみたいと思います。



まず皮膚を破る鍼です。



三陵鍼などが今でも残っています。



目的は血や膿を出すことに使います。



今では医療行為にあたるのでやってはいけませんが、

昔は当たり前に行われていたでしょう。



もう一つは刺さずに皮膚を刺激する鍼です。



ローラータイプや編み棒のようなタイプがあります。



これは今でいう小児鍼として残っています。



弱刺激のときや病巣が皮膚に表れるものに使用します。



鍼と言っても金属を使って体を刺激したら立派な鍼治療です。



こう思えば少し身近になるのでしょうか?





これからも新松戸のリハビリデイサービスやまとをよろしくお願いします。