リハデイやまと

リハビリならリハビリデイサービスやまと

リハビリ特化型デイサービス > ブログ記事

鍼独特の痛みの再現

鍼の痛みは刺された痛みとは違い、

痺れるような重だるくなるようなものなのですが、

それを若干ですが再現する方法があります。



自分の肘の骨の周りに硬いしこりのようなものがあると思います。



そのしこりを少し強めに押してみると、

痺れるような、重だるいような、腫れぼったいようなという刺激が、

肘から手の方へ走るような感じがあると思います。



それが鍼の刺激です。



肘のしこりを押して気持ちいいとおもうのであれば、

その人は鍼の刺激が好きな人です。



痛くていやだなと思うなら、

その人は鍼の刺激が得意ではない人です。



しかし得意ではないとしても効果はかわらないので、

痛みなどで困っている人は鍼灸治療をためしてはいかがでしょうか。




これからも新松戸のリハビリデイサービスやまとをよろしくお願いします。