2025年時点の病院ベッド数

リハデイやまと

リハビリならリハビリデイサービスやまと

リハビリ特化型デイサービス > ブログ記事

2025年時点の病院ベッド数


政府が2025年時点で必要だと考える
全国の病院ベッド数が11日に分かったようです。


約115万〜119万床と
13年の時点より16〜20万床少なくなるようです。

もう少し詳しくすると…

高度急性期 13万床
急性期    40.1万床
回復期    37.5万床
慢性期    24.2〜28.5万床


手厚い医療が必要ない約30万人の患者さんは
介護施設や高齢者住宅に移って在宅医療で対応へ。

「リハビリデイサービスやまと」は
これからの総合事業を含めて自分でできるうちに
体力を落とさず、転倒を予防し、コニュニティーの場所として

少しでも長く在宅で過ごせる様に地域で頑張っていきます。


適切な医療体制が整わなければ
医療費が膨らむことは考えられます。

その結果が、医療介護の改定で報酬調整となり
小規模などの事業所は閉鎖になる場合もあります。

サービスの質を高めながら
適切なマネジメントをしていくことで2025年以降を迎えたいと思います。