リハデイやまと

リハビリならリハビリデイサービスやまと

リハビリ特化型デイサービス > ブログ記事

日本版CCRC


「継続的なケア付きリタイアメントコミュニティー」の略

さていったいどんな話なのでしょうか…?!


石破地方創生大臣の直轄で
日本版CCRC構想有識者会議があるそうです。

Continuing:継続した
Care    :ヘルスケアサービスを
Retirement:高齢者のために
Community:共同生活体 

継続したケアを提供する高齢者のコミュニティー


7つの要素もあるようです
・継続したケアの提供とう理念
・3種類のハード
・4種類のソフト
・4タイプの契約
・経営主体の中立性、安定性
・経営、開発、運営の分離
・多様な入居一時金、返還方式


「住まい」に関しては
大きな改革が起きたばかりです。

しかし、
日本には予防自立型住まいが少ないようです。


個人的には
ショートステイセンターがまず
短期予防自立型のような特化型をしたら良いと思っていますが…


どちらにしても
高齢者の住まいに対して
どうにかしなくてはならないのだと感じます。

そして色々な選択肢が増えること
とても良いことだと思いますが…適切に選べるか心配です。


やまと介護は住まいを守る
リハビリ特化型のデイサービスですが…

知識の幅はマクロ的に広げ
提供するサービスはミクロで追及していきたいと思います。

一人一人のご利用者様のためにチームで考え取り組みたいと思います。