地域における介護予防検討会

リハデイやまと

リハビリならリハビリデイサービスやまと

リハビリ特化型デイサービス > ブログ記事

地域における介護予防検討会


平成27年7月8日(水)に
松戸市が主催された会に参加してきました。


参加者:49事業所71名

(PTOTST・看護師・歯科衛生士・マッサージ師・柔道整復師・管理栄養士等)

非常に多くの方々が参加をされた会となっていました。



大まかに情報をお伝えします。

松戸市の総人口は減少傾向

平成27年:485,945 ⇒平成32年:477,884名へ


大きなポイントは

後期高齢者のみ増加し平成32年に前期と後期の逆転が起こること!


また、地域包括支援センターの充実を図るため

平成27年度は増員し、平成29年度に4か所増設

そのうちの1か所を松戸市直営とし基幹対応とするようです。


地域リハビリテーション活動支援事業

   の推進が私たちに求められていること…。


地域における介護予防の取り組みや

リハビリ専門職等の関与を促進することが大切だと思います。



昨日は、やまとの全体会議でした。

やまと介護の中でもスタッフに同じ課題を投げかけています。


◆一般高齢者が抱えている悩みとはどのようなものがあるか?

◆一般高齢者に必要な介護予防サービスは何かあるか?

◆専門職としてかかわれる可能性は何かあるか?

 (介護・リハビリ・鍼灸師として)

◆「やまと」として出来ることは何かあるか?

◆そのために得なければならない情報・知識・技術などはあるか?


少しでもやまとスタッフの意識を高めていきたいと思います。


次回の全体会議で再検討していきますのでまた報告致します。