リハデイやまと

リハビリならリハビリデイサービスやまと

リハビリ特化型デイサービス > ブログ記事

姿勢と筋肉の位置

口内炎は治りました。

やまとの訪問リハビリ鍼灸・マッサージ担当鈴木でございます。




鍼灸治療をするときには身体を動かしてはいけません。



よって姿勢が安定するように寝てもらう事がほとんどです。



寝てもらう姿勢は治療部位やその人にあった姿勢で、

横向きだったり、うつ伏せだったり、あおむけだったりします。



面白い所としては背中の同じ筋肉に鍼灸治療をすると際に、

横向きとうつ伏せでは治療するポイントが違います。



理由は重力にあります。



お腹の中は空洞になっていて内臓がぶら下がっている状態なので、

背中の筋肉も内臓に引っ張られて位置が微妙に変わるのです。



これが意識できないとうまく鍼灸治療の効果が得られません。



鍼灸の独特で面白いところだと思います。






これからも新松戸のリハビリデイサービスやまとをよろしくお願いします。